プロフィール
施設名:bow wow park わんパーク 腕白
所在地:愛知県一宮東部 名古屋から30分圏内
営業時間:午前10時〜午後6時(日没時間)夏季 早朝・ナイター(要予約制)
定休日:毎週火曜日 第2月曜日
連絡先:・
ウェブサイトURL:http://www.wowpark.net/index.html
お問い合わせ:http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P7299406
施設案内: 敷 地 : 768m2
管理棟: 16.8m2 トレーラーハウス
テラス: 木造42m2 軒テラス
休憩室: 木造16.2m2ガレージハウス
フィールド:550m2 (200m2+350m2)

2014年08月29日

パパとママの愛犬セミナーについて

こんにちは ドッグフィールド腕白のおやじです

先日からホームページで告知しています パパとママの愛犬セミナーについて 少しお話をしますね。

以前から 腕白おやじの独り言・・・・として ジャックのブログで つぶやいて来た事を もっと詳しくした内容で 本にまとめようと思っています。

しつけの本でも無い 犬学書の様な専門書でも無い コラム・・でもない どんな本かな〜
わんちゃんの事で 知っている様で 知らない事 言われてみれば・・・なるほど〜と言う事を集めた感じですね

パパさんやママさんに わんちゃんの事をもっと知ってもらいたく 愛犬セミナーでお話をする内容を 1冊の本に纏めた物です。

約50話の内容で A4縦使い 150ページ程度の物を考えています
セミナーの時 この本を元に 更に詳しく 楽しく お話が出来るように考えています。

セミナーに参加を希望される方は フィールドでお尋ね下さいね〜

本の内容を 今後、数回に渡り紹介します 尚 本の内容そのままでは ブログでは長過ぎるので 一部省略して掲載します。

第一話 わんちゃんをもっと知ろう

ペットの語源をご存知ですか 語源は pettyからきている様で、pettyの語源はフランス語のpetit(プチ=小さい)がpetに成ったのではと言われている様です。
家畜(牛や馬)の様な大きなサイズではなく 小動物を意味します。

小動物がペット と言う名称で 今日に至る所以は 人が進化の過程で 知恵を付けるにつれ 動物的本能 予知能力が低下したと言われ その予知能力を補う為に 小動物を家で飼うようになったと言われています

人が動物を見ると癒される…と言う感情は 長い年月の 動物と人との関わり 人の退化した予知能力を動物に頼って来た歴史が 動物といると安心 と言う気持ちを植え付け 動物を見ると癒される…と感じると言う事ですね

わんちゃんが 人と一緒に暮ら様に成ったのは  一万年前 オオカミが 人の残飯を食べに来ていた それを見た人が オオカミの資質 狩猟法 危険余地の能力等に気付き 餌付けをして 飼いならしたといわれています。

犬の祖先は 更に年代を経て 人に役に立つ様に 改良され 更には 多用する役割に合う改良が重ねられ 今日の犬 多くの犬種の数に成ったと言われています。

家畜や 愛玩動物(爬虫類から鳥類、猫等の哺乳類)など 人と暮らす動物は 多くいますが 人の役に立ち 人の為に仕事をする 

更には 犬の本能である予知能力 自己防衛から来る 吠え 飼育者を守る行為が 他の動物に比べ 断然優れていたのが 犬 わんちゃんです 

動物の中で 唯一 人と共生をしている動物と言えます。

犬には色々な犬種があり その特質は異なり 実際に狩猟をする犬種 狩猟の補佐をする犬種 害獣駆除犬種 室内や倉庫に保管されている 穀物を守る犬種 家畜の牛や羊を 管理する 牧羊犬 などなど 様々な お仕事を持つようになりました。

家庭犬として暮らす わんちゃんにも やはり 本来培われた役目、仕事は本能として持っています 

それがゆえに 家庭においても 不必要に小動物を追う 人や大きな動物を見ると 吠えたり追ったりする 飼い主さんの膝の上から 良く吠える・・など 現象も 犬種毎に違い 多々あると思います。

その特性(元もとの仕事)から しつけ法も 関わり方も 遊び方も 犬種によって 様々であり 異なる事は必然ですね

しかし 一般的に言う しつけ本 はそう言った犬種毎の 関わり方 しつけ法を示している物は ありません

しつけ本や 教室では しつけの基本 全犬種共通の手法を指導し それを学び 飼い主さんが 愛犬の犬種を理解し 犬種の犬本来の資質 特質 本能に合う しつけを 自ら応用し しつけを しなくてはなら無いと言う事です。

愛犬として迎えた わんちゃん 犬種の資質や特質、作られた経緯を知らずに 生活を始めた人も多くみえると思います。

そして 子犬の頃は 暴れても 悪さをしても 可愛い…で許され 成長と共に その本能が芽生え 手に負えなくなり しつけ教室に飛び込む・・

飼い主さんは ペットに癒される筈が 愛犬との関係が上手く行かず ストレスを感じている方も 多くいるのではと感じます

また わんちゃんは 飼い主の役に立ちたいのに 理解をしてもらえず 的確な指示も与えられず どうすれば良いのか 迷い 病み ストレスを感じていると思います

飼い主 わんちゃん 相互のストレスが 信頼関係を崩し お互いに不安を感じ 大きな溝を作ってしまうと言う事です

家の子は 良い子ですよ 言う事も良く聞きます けして離れたりしません…と言う方もみえると思います しかし 本当にわんちゃんは そうなのでしょうか 満足しているのでしょうか

適切な関係が築けていない 適切な指示が出せてい無いが故に わんちゃんは 不安を持ち 本来の仕事を忘れ 生きて行く為に 人にしがみ付いているだけかも知れません 

自分では何も出来ないから ママから離れられない状態かも知れません これも一種の 理由無き分離不安です。

犬の事をきちんと知り 犬種の特性を知り 適切な関係 絆が形成され 適切な指示を与えている関係では、 愛犬は絶えず 飼い主を見ています。

次の指示は 仕事は と犬の方からアイコンタクトをし 指示を待ちます。

飼い主の 指示に従い共に行動をします また 日々の行動 言動から 自ら指示を理解し 行動を取ります 

例えば 飼い主が仕事で外出しても 自ら 家を守り 家で待っています 分離不安にはなりません

愛犬の事を もっと知り 愛犬 犬種の資質や特質に合った 関係作りをする そして 絶えず話しかけ お互いを知る事です 

阿吽の関係・・と言いますよね 愛犬と阿吽の関係を築いてみませんか・・

必ず 今までに無い 感動と幸せを感じますよ

★ 今回の記事は 本の内容から 講釈や詳しい説明は省いています 

セミナーには参加が出来そうに無い・・でも 本は読んでみたい方にも お譲りします ご希望の方は フィールドへお問合せ下さい。
詳細は未だ確定していませんが 事前予約受付中です

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   にほんブログ村 犬ブログ ドッグランへ     にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ     にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

犬小屋 木製サークル 大型犬舎 躾用トイレトレー 等木製ワンコ用品の製作をしています キットガレージ・犬小屋・組み立て家具 ガーデンハウス バイクガレージ等のキット製作をしています Dog Field Wowpark 腕白 は児童館のような施設を目指しています。


posted by 腕白 at 22:12| Comment(0) | 営業案内

2014年08月12日

腕白プール

腕白プールの秘密

今年は、昨年まで使用していた 腕白プールを解体し 新たに作り変えました


昨年までは 小型、中型犬用で 大型犬は残念ながら 泳げるほどの深さがありませんでした
しかし 今年は プールのサイズも若干大きく 深さは 3段階
一番浅い所で 約20〜25p メインのプールで 50〜55p
そして 一番深い所では 70pの深さに成っています。

満水では 一番深い所で80pの深さに成りますが 概ね 70〜73p程度の水を常に入れています

今年のプールは 約1m3の濾過水槽を作りました 水面に浮いた毛やゴミは上部の排水溝から
沈殿した土やゴミは プールの底にある 排水と循環用のピットから 濾過槽に流れ込む様になっています



プール使用時は この濾過槽を回し 常に濾過をしていますが・・・・
営業時間外は 濾過循環をさせていない為 真夏の暑い時期 水が動かない 滞留しない為 水温が上がる 淀みがおきる・・・ 藻の発生が起きる場合があります

そこで 営業時間外にも 水の流れを適度におこし 滞留させ 藻の発生を少なくする 循環器を新たに設置しました。
 


以下の写真は プールと濾過槽の写真です
ここに 新たに滞留をさせる為の 濾過フィルターのある循環器を設置しました



見た目は小さいですが 毎時 約3m3程度の水を回す能力があるので プールの総水量 約8m3 なので3時間で水が入れ替る容量です
この循環器を プールの反対側にも もう一基近日に設置すれば 十分な 循環が行えると思います

腕白プールは 愛犬は勿論 同伴のお子様も パパやママさんも一緒に入って 遊べるプールを心がけています



一つお願いがあります

この腕白プールは 腕白おやじの手作り 木製のプールです
愛犬が 水遊びや泳いだりするには 十分な構造と思いますが・・・・
お子様の飛び込みや プール内での 飛んだり跳ねたりには 耐えられないと思います

ワンちゃんが楽しく シーズンを過ごせる様に パパやママさん 宜しくお願い致します。

今年から プール利用ルールを設けましたので 宜しくお願いします。

プールは使用に関しては 基本 飼い主様が愛犬の管理をされる事を前提にしています
愛犬管理のため プールに入れる用意(飼い主様の水着又は着替えの用意)をお願いします

プール利用料は 特に設けていませんが プールの維持管理には意外と経費がかかります 維持管理基金への 募金協力をお願い致します(金額は定めていません 任意の善意にお任せいたします) 

尚 愛犬の管理が出来ない 着替えが無く 若しもの時プールに入れないと言う方は 施設のスタッフにお申し出下さい 
有料にて飼い主様に代わり 愛犬の管理を致します。

愛犬の水泳教室を始めました 1回500円 お気軽にお声賭け下さい

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   にほんブログ村 犬ブログ ドッグランへ     にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ     にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

犬小屋 木製サークル 大型犬舎 躾用トイレトレー 等木製ワンコ用品の製作をしています キットガレージ・犬小屋・組み立て家具 ガーデンハウス バイクガレージ等のキット製作をしています Dog Field Wowpark 腕白 は児童館のような施設を目指しています。
posted by 腕白 at 13:30| Comment(0) | 営業案内

2014年08月10日

ワンちゃんの お父さん お母さんの教室を始めました

何時も ドッグフィールド腕白を ご愛顧賜り 誠に有難うございます。

ドッグフィールド腕白では 愛犬の社会化 促進として 腕白児童館と言うプログラム(教室)を開いています。
愛犬の社会化は ワンちゃん自身はワンちゃんの群れから自然に遊びながら学んでくれます。
しかし それだけでは十分な社会化は図れません やはり 飼い主である パパさん ママさんが ワンちゃんの行動や資質を有る程度知っていただく必要が有ります。

教室では 愛犬を施設のワンちゃんと遊ばせながら 最小限必要なワンちゃんの事をお話していますが 十分にお伝えし切れないのが現状です。

受講される方の中で ワンちゃんの事 もっと知りたい 
ワンちゃんを飼う前に色々な事を聞けば良かった・・・
ネットや書籍で ワンちゃんの事を調べたけど 表記が様々で良く判らない・・・
今まで あまり気にしていなかったけど お友達が出来て 家の子と違いを感じた・・・
最近 愛犬の社会化の必要性を知った・・などなど
と言う ご意見をお聞きする事も多々有ります。 

また 腕白児童館を受講されていない 愛犬家の皆様には フィールドで毎月第三土曜日に開催の 愛犬クラブ「腕白倶楽部」のミーティングで 毎回テーマを決めお話をしていますが
10分程度の時間しか取れなく やはり 上記と同じ様なご意見をお聞きしています 

そこで ドッグフィールド腕白では 1人でも多くの方に ワンちゃんの事を知って頂ける様に パパさん ママさんの 飼い主さん主体の 飼育法教室を始める事としました。

1.初めてワンちゃんを飼う方には 
 ワンちゃん全般的な事や資質等 また 家庭飼育法についてお話をする教室

2.過去に飼った経験がある・・と言う方には
 飼育環境が変わった 犬種が変わり迷っている方等 犬種の特質 その犬種に合った飼育法などのお話をする教室

3.ご自宅での飼育法 住環境などについて お話をする 飼育カウンセリング

4.犬友さん仲間でお集まり頂き 愛犬に付いてお話をするセミナー
 初心者ママさん 経験者ママさんのお話を聞きながら 愛犬に付いて 飼育法に付いてお話を ラウンドテーブル様式で 茶話会のイメージで開く 愛犬セミナー

このセミナーは フィールドでの開催 又は ドッグカフェやわん友さんのお宅で お話する出張セミナーも承ります。

その他 複数ご家族で お子様も含め皆さんで楽しい愛犬のお話 愛犬に付いての講義 講演会も承ります
講演内容は @ ペットの起源 A 家庭飼育の基礎知識 B 災害時 愛犬と一緒に避難する法 などです。

パパさん ママさんの講習会に付いては ホームページで詳細を表記しています
また 詳しくは フィールドにて 腕白オヤジ ママさんにお尋ね下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   にほんブログ村 犬ブログ ドッグランへ     にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ     にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

犬小屋 木製サークル 大型犬舎 躾用トイレトレー 等木製ワンコ用品の製作をしています キットガレージ・犬小屋・組み立て家具 ガーデンハウス バイクガレージ等のキット製作をしています Dog Field Wowpark 腕白 は児童館のような施設を目指しています。
posted by 腕白 at 21:11| Comment(0) | 営業案内